柔整法とは?柔道整復師の掟

柔道整復師とは骨折や脱臼・ねんざや筋違いなどの症状に対して,病院や整骨院・接骨院などの施術所で応急的に医療的な施術を行うことが出来る医療従事者のことを言います。

 

施術には大きく分けて整復法と固定法・後療法の3つに分類されます。

 

これらの施術を行うには専門の国家試験を突破して免許を取得することが必須となります。

 

柔道整復師になるためには高校卒業後に柔整系の専門学校や専門学科のある大学に通うなどして一定の専門の過程を修復した後に、年に一度実施される国家試験に合格することで厚生労働省から免許の取得を与えられます。

 

免許を取得した後は実技訓練として研修性として見習いで所定の勤務先で技術を磨くことになります。

 

主な勤務先は病院や接骨院・整骨院などの医療スタッフや、ケアセンターなどでのケアマネージャー・専門施設でのスポーツトレーナーなどがあります。

 

また柔道整復師として活躍をするためには柔整法と呼ばれる、様々な法律が定められた総則を守って遂行することが必須となります。

 

柔整法とは柔道整復師法の略称であり柔道整復師に関する法律が定められた総則になります。

 

柔道整復師法は資格を定めると共にその業務が適切に運用されることを目的としています。

 

また柔整法の定義とは厚生労働省の認可を受けて柔道整復を行う者を対象としていて、施術所とはそれらの行為を行う場所を意味します。

 

つまりこのこの場合の施術とは整骨院や接骨院などを指しています。

 

また柔整法によると一部例外があり国家試験に合格しても欠格事由の対象となる方には免許が与えられないという規則があります。

 

この場合の欠格事由の対象とは4つあり心身障害を患っていて適性の業務が出来ない場合や、麻薬の中毒者や犯罪や不正を行った場合などがあるとされています。

 

また柔整法には実際に業務を行うにあっての様々な細かい決まりも定められています。

 

それは医師または診療放射線技師などの免許を取得して厚生労働省から認可されている者でなければ、薬品の投与や注射やレントゲン・外科的手術などを行うことは禁止とされています。

 

また患者さまが骨折や脱臼の症状があっても急性や亜急性の場合でなければ施術をしてはならないという制限もあります。

 

つまりは柔道整復師として施術を行うにあたっては外科的手術やレントゲン・注射などの医療行為を行わずに、患者さまとコミュニケーションを取りながら緊急性の高い応急的な処置を行いながら症状を緩和させることを目的としています。

【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!