柔道整復師の役割と昔からあるほねつぎとは?

柔道整復師とは、法律によって「厚生労働大臣の免許を受けて、柔道整復を業とする者」と定義されています。

 

柔道整復師になるには、国家試験に合格して免許を取得する必要があります。国家試験は年に1回行われていますが、受験するには受験資格を満たさなければなりません。国家試験の受験資格を得るには、文部科学大臣が指定している学校や厚生労働大臣が指定している養成施設で最低3年間、必要な知識や技術を習得する必要があります。

 

カリキュラムはそれぞれの学校によって異なりますが、文部科学省令や厚生労働省令で定める基準に適合するようになっています。
専門学校の中には昼間に通うだけではなく、夜に通うことができる夜間部を設けているところもあります。昼間は接骨院や病院などに勤務しながら、夜間に専門学校に通って勉強しているという人もいます。

 

国家試験の試験科目には、解剖学、生理学、運動学、衛生学、公衆衛生学、病理学理論、一般臨床医学、リハビリテーション医学、柔道整復理論などがあります。

 

そして、国家試験に合格して免許を取得すると、接骨院や整骨院、病院の外科、整形外科、リハビリテーション科、診療所などで施術を行うことができるようになります。

 

接骨院や整骨院を開業することも可能になります。また、最近では介護施設などで働くことも増えてきています。その他にもスポーツ関連施設で働く場合などもあり、活躍の場は広がってきています。

 

柔道整復師の役割は、人間の本来持っている自然治癒力を利用して骨折や脱臼、捻挫、挫傷などの治療を行うことにあります。日本古来から伝えられる伝統的医術を用いるもので、「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれて親しまれてきました。

 

柔道整復師が患部を診察する場合には、目で見て行なう視診と患部に触れることで行う触診を行います。外科で行われている手術とは異なり、手術を用いない方法で治療を行うのが特徴です。視診や触診により、患部の状態を正確に把握することができる技術を訓練によって身に付けています。
そして、患部の状態が良くなるように固定や整復などを行ったり、理学療法を施したり、運動療法、テープ療法など適切な治療を行っていきます。

 

それから、適切な治療を行うには、患者との信頼関係を築くことが欠かせません。患者が柔道整復師の指導を聞き入れて実行してくれなければ、効果が出ないからです。患者がコミュニケーションを取ることも大事な役割の1つです。

【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!