柔道整復師の働き方、ニーズが高まっている職業でもあります。

柔道整復師は外科手術をしないで人の快復力を活用して負傷を治癒したり、機能再生を目指すため、治癒に時間を奪われることもあり得ます。

 

ただ単純に施術をするにとどまらず、患者さんの日頃のコンディションに耳を傾けながら早い段階の復調が望めるよう指導をしていかなくてはならないのです。

 

それに対し、患者さんのほうも負傷してその施術に訪れるだけに限らず、体調の問題を相談をしたり、負傷の防止の相談する人も多くいらっしゃいます。 接骨院や医療機関の整形外科においては、0歳から65歳以上に及ぶまで広範囲に及ぶ患者さんが足を運んできます。

 

バラエティーに富んだ年齢層の人と関わり合い、患者さんとやり取りをしながら施術をすることこそが柔道整復師ということです。

 

改善された時や状態が回復した時に、たくさんの年齢層の患者さんに喜んでもらえるのは柔道整復師の遣り甲斐の1つしょう。

 

超高齢社会に貢献

国内は少子高齢化社会に突入し、私を含め誰もがみんなどういう風に年老いていくのであろうか考慮しなければならない世の中となりました。

 

そのうえで誰でも年をとっても健康でいたいと望まれているだろうと思います。

 

高齢のせいで起きるカラダの至る所に出てくるトラブルを少なくしようと、数多くの活動が実施されています。

 

そういった内で、ニーズが高くなっているというのが柔道整復師の位置づけです。

 

例えて言うなら、介護施設において柔道整復師は筋力強化の講習などを行なっています。

 

年齢が行くにつれて筋力はダウンしていくことになりますが、それを避けるエクササイズをスタートすることで筋力を保持することが出来ることになります。

 

未来においてもお年寄りが増加するなかで、柔道整復師の立場はひときわ高まっていくでしょう。

 

「人様に求められる、期待されている仕事に従事している」という考え方は働いている上でとっても遣り甲斐があることとなります。

 

独立起業することが可能

柔道整復師が独立できるライセンスであることは、大きな魅力のひとつだと言えます。

 

独立創業したなら、患者さんにあなただけの理想としている施術を実践することにつながります。

 

その上、地域医療に尽力できること、上手くいけば務めていたときよりも多い儲けを出せることなども働き甲斐に直結します。

【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!