独立開業前に必ず【コレ】を経験しておいてください

柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院

 

 

将来は独立開業したい!

 

その前に何をしておいたらいいのかな?

 

開業してうまくいくためのコツ!

 


今まで整形外科やスポーツトレーナー活動
接骨院、整骨院での長期勤務など
数々の経験を積んで

 

そろそろ、開業を視野に行動したい!

 

と、思っている柔道整復師の先生はたくさんいると思います。

独立開業前に必ずしておくべきこと

柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院

貯蓄をしておく
院長としての実績を積む
スタッフの育成経験を積む

 

以上は大切な3つのポイントです!

 

貯蓄について

開業するために
店舗を借りる資金
内装・設備費用
運転資金
広告代
などを考慮すると
全部で1,000万円ほどの費用がかかります。

ですので
最低でも300万円は自己資金を貯める必要があると思います。

 

なぜならば
300万円の自己資金があると
約600万円程の借り入れをすることができます。

 

政策金融公庫などから融資を受ける際は
自己資金の2倍が目安の借入可能額だと思っておいていいと思います。

 

そのために
まず日頃から貯蓄を充分に行ない
開業していく資金を貯めていくようにしていきましょう。

 

院長としての経験を積む

柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院

続いて
院長としての経験を積むということですが
具体的には分院長としての実績があるかないかということです。

 

よくある失敗例として
院の責任者として実績を作っていない先生の独立開業が挙げられます。

 

なぜならば
実績を作ったことのある先生は
どうすれば患者様が増えて、何をすれば実績がすぐに作れるのか
理解しているので、失敗する可能性が低くなります。

 

しかし
実績を作ったことのない先生は実績をすぐに作る方法を知らないで開業してしまうので
運転資金が足りなくなり、廃業や閉院されるケースが多いのです。

 

実績を一度作っておくことで
次も簡単に実績を作りやすくなります。
グループ整骨院などで院長経験を積んでおくことは大切であるといえます。

 

スタッフを育成する経験

柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院

貯蓄院長実績があれば
一人で整骨院をしていく上では問題なく運営できると思います。

 

このスタッフ育成経験があると
自分でスタッフさんを雇用した時にその経験が生かされます。

 

メイプラスにおいても
育成や教育に力を注いでいますが

 

これは整骨院に限らず
どこの企業・会社でも育成や教育は課題であるといえます。

 

開業した場合、患者様を治療しながら並行してスタッフの育成していくわけなので
この経験があるのとないのではその後の整骨院の繁栄に大きく関わってきます。

 

最後に一番大切なこと

柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院

開業するのは貯蓄さえあれば柔道整復師に限らず誰でもすることができます。
しかし、開業はゴールではなくスタートラインです。

 

開業してから苦労や挫折をしないためにも
今しておける経験値を増やしておくことが大切です。

 

メイプラスで働くことで以上の3つが経験できる

メイプラスでは
院長としてのキャリアを積みたいと思っている柔道整復師の先生を
積極採用しています。

 

独立開業を目指す柔道整復師の先生であれば
資金を貯める準備期間としてなるべく高い給与が必要だと思います。
また、院長としての実績を残すことも可能です。

 

また、逆に
独立開業は考えず、新たな職場へステップアップを考えている柔道整復師の先生も多いと思います。

 

開業は望まず、安定して働きたい先生もメイプラスにはおりますので
院を統括する責任者として長期にわたり活躍していただける柔道整復師の先生も大歓迎です。

 

志ある方からのご応募お待ちしております!

 

メイプラスでは幹部候補者を募集しています

メイプラスでは院長としてのキャリア以上に
さらにステップアップできる環境を用意してあります。

 

現在、多店舗を管理するマネージャー【幹部役員】になりたい先生を必要としています。

 

多店舗を管理・運営するので
責任は大きいですが、やりがいのある業務であると思います。

 

もし、院長よりさらに上の舞台で活躍したいという方は
院長経験を経て、さらなるステップアップをしていきませんか?

 

まずはご応募お待ちしております!

 

詳しくはこちらにお問い合わせください

問い合わせフォーム柔道整復師,求人,募集,転職,整骨院から
後日、担当者から折り返しのメール、あるいはお電話をいたします。

【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!

開業にどんな経験が必要だと思いますか?記事一覧

整体師や柔道整復師の資格を有効に生かしたいと考えている方は、独立して開業するのが一つの良い方法です。しかし、そういった整体師や柔道整復師の方にいくつか注意点があります。まず第一に注意しなくてはならないのは、開業する場所です。場所によって利用者の数に大きな差が出てきます。どのような年齢層、属性の人に利用してもらうかで場所も変わってきます。高齢者を顧客ターゲットにするのであれば、住宅街に近いほうがよい...

まずは整骨院に求められるのは、何なのでしょうか。調べてみると、だいたいのことはつかめます。交通事故に巻き込まれてむち打ち症になったりして障害を抱えた患者さまや、スポーツでケガをして、どの医科に行っても治らない患者さま、ケガからのリハビリのための患者さまの方々が、最後に行きつくところという印象です。埼玉県や東京都での整骨院の求人は、とても多く、世の中の世相を反映して、柔道整復師、整体師など、技術を会...

東京、埼玉のメイプラス整骨院グループは、一般的な整骨院の枠を超え、新たなステージを目指しています。メイプラス整骨院グループでは、患者様を幸せにすることはもちろん、共に働く仲間の幸せも大切にした整骨院です。柔道整復師の求人や転職の募集にも積極的でともに、力を合わせて頑張っていいける人材を広く求めています。メイプラス整骨院グループは、スタッフの成長に真剣に取り組んでいます。その一環としてあげられるのが...

東京・埼玉のメイプラス整骨院グループは、やりがいのある給料体系と柔道整復師・整体師の独立・開業に向けた研修制度が充実した職場です。東京・埼玉のメイプラス整骨院グループ では、今までいろいろな治療院に勤務してきたという方が新しい挑戦に向けてイキイキと働いています。患者様と日々接する中で、単なるマッサージだけではなく根本治療を学びたいという想い・ゆくゆくは独立したいという想いを持つ方がメイプラス整骨院...

患者様と働く仲間を大切にする会社を目指している埼玉と東京にあるメイプラス整骨院グループは、新しい求人の募集をしています。柔道整復師や整体師になりたい方や、柔道整復師として独立、開業をされたい方には特にお勧めです。東京、埼玉のメイプラス整骨院グループで、働きながら、治療の基本知識や技術など順次習得できるのは、大きなメリットです。職場環境の良さや人間関係の良さが、立派な柔道整復師を目指す方々を、日々サ...

東京や埼玉に住んでいる柔道整復師や整体師の資格を取得し専門学校を卒業した方は、整骨院の求人に応募して就職することになりますが、給料がよい整骨院であればどこでもよいという訳ではありません。柔道整復師や整体師として、活躍できるようになるためには、研修が充実している必要があります。充分な研修が行われずに、患者さんに接することになれば、経験不足により患者さんが不快な思いをするだけでなく、自分も柔道整復師や...

整骨院で働く人の多くは独立開業することを考えている人が少なくありません。しかし、整骨院の中には将来柔道整復師や整体師として独立開業できるようにサポートしてくれるところと、そうではなく仕事をサポートしてくれる人材として雇用する所があります。その為、整骨院への求人に応募する際には自分の希望に合わせて選ぶことが大切です。柔道整復師や整体師として独立開業するためには、さまざまな事を習得する必要があります。...

柔道整復師と整体師の違いの一つとして挙げられるのが資格の種類です。柔道整復師は国家資格として認められていますが整体師は認められていません。そのため、前者の業務には保険適用があり、後者は保険適用の施術はできません。また、知識やスキルを身につけるため学校に通う際、柔道整復師は最低3年、整体師は学校によって変わりますが多くが半年から2年程度通う必要があります。学校で知識などを得て、卒業後すぐに独立する場...

東京や埼玉で接骨院などで独立開業志望の柔道整復師、整体師の資格をお持ちの方を、メイプラス整骨院グループでは求人を募集しています。独立開業を視野に入れている柔道整復師、整体師の方々に取って、何をいまさら雇われる立場に身をおく必要があるのか、疑問に持つかもしれません。まずは開業の実態からお話しましょう。まず接骨院の開業には1000万円程度は必要とされています。まず内装費用や医療機器のリース料、開業時の...

柔道整復師、整体師が独立し、自分の治療院を持つためには開業資金としておおよそ1000万円必要です。そのため、自己資金としておよそ350万円程必要であるといわれています。これは、日本政策金融公庫から融資してもらえる金額が自己資金の2倍が限度であるためで、350万円あれば700万円程融資してもらうことにより開業することが可能です。しかし、開業したとしても技術が伴わなかったり、経営手腕が乏しければ続けて...