【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!

整形外科学|柔道整復師の求人情報ならメイプラス整骨院グループ記事一覧

問題1 小児の骨端損傷にはソルター・ハリスの分類がある。最も正確な整復を要するのはどれか。1,U型2,V型3,W型4,X型問題2 先天性筋性斜頸について正しいのはどれか。1,胸鎖乳突筋の線維化、短縮により生じる。2,健側への回旋制限がある。3,頭位分娩の乳児に多い。4,自然治癒は少ない。問題3 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。a,椎間板の含水量は加齢とともに増加する。b,ヘルニアは後縦...

問題1 骨形成不全症について正しいのはどれか。1,クモ状指を有する。2,四肢の変形はほとんどない。3,骨折すると骨癒合が遷延する。4,骨膜性の骨化障害がある。問題2 骨軟化症の原因に含まれないのはどれか。1,閉経2,慢性腎不全3,小腸疾患4,抗てんかん剤長期投与問題3 ペルテス(Perthes)病について誤っているのはどれか。1,大腿骨近位骨端核の骨端症である。2,男児より女児に多い。3,単純性股...

問題1 神経学的検査について誤っているのはどれか。1,温度覚は深部知覚に含まれる。2,痛覚は表面知覚に含まれる。3,腱反射の消失は弛緩性麻痺を示す。4,バビンスキー反射は病的反射である。問題2 老人性骨粗鬆症について誤っているのはどれか。1,低回転型骨粗鬆症である。2,エックス線像では骨陰影度が減少する。3,血清カルシウム値が減少する。4,病的骨折を生じやすい。問題3 小児の骨端症はどれか。1,第...

問題1 二次性骨粗鬆症として誤っているのはどれか。1,妊娠後骨粗鬆症2,末端肥大症に伴う骨粗鬆症3,甲状腺機能亢進症に伴う骨粗鬆症4,廃用性骨粗鬆症問題2 無腐性骨壊死の発症部位について正しい組み合わせはどれか。1,オスグッド病-大腿骨2,キーンベック病-月状骨3,ショイエルマン病-上腕骨4,ペルテス病-足舟状骨問題3 神経根引き抜き損傷について正しいのはどれか。a,牽引損傷である。b,軸索反射は...

問題1 画像診断について誤っているのはどれか。1,エックス線CTは断層撮影法である。2,MRIでは放射線被曝が少ない。3,関節造影法は関節内軟部組織を描出する。4,脊髄造影法はヨード造影剤を用いる。問題2 ペルテス病について正しいのはどれか。1,女児に多い。2,両側性が多い。3,MRIが早期診断に有用である。4,全身状態は不良である。問題3 脊髄性小児麻痺について誤っているのはどれか。1,ウイルス...

問題1 疾患と検査法との組み合わせで誤っているのはどれか。1,悪性骨腫瘍-血管造影2,半月板損傷-関節腔造影3,脊髄腫瘍-MRI4,椎間板ヘルニア-RIシンチグラフィー問題2 先天性骨系統疾患について正しいのはどれか。1,軟骨無形成症では体幹に比べて手足が長い。2,マルファン症候群はクモ状指を呈する。3,骨形成不全症の骨折は癒合が遷延する。4,大理石骨病では骨萎縮がみられる。問題3 大腿骨骨頭すべ...

問題1 股関節を内旋する筋はどれか。1,大腿筋膜張筋2,内閉鎖筋3,縫工筋4,大殿筋問題2 先天性系統疾患で誤っているのはどれか。1,モルキオ病-ムコ多糖症2,骨形成不全症-クモ状指3,大理石骨病-骨硬化4,エーラース・ダンロス症候群-関節弛緩問題3 骨端症でないのはどれか。1,ペルテス(Perthes)病2,オスグッド・シュラッター(Osgood-Schlatter)病3,ページェット(Page...

問題1 膝関節で正しいのはどれか。1,完全伸展時、脛骨は大腿骨に対して内旋する。2,半月は外側の可動性が大きい。3,前十字靭帯は完全伸展位で弛緩する。4,膝蓋骨の関節面は内側が外側より大きい。問題2 関節運動で誤っているのはどれか。1,母指と他指とのつまみ動作を対向運動という。2,肘関節の良肢位は屈曲90度である。3,前腕の回旋運動を回内・回外という。4,肩関節の屈曲とは後方挙上のことである。問題...

問題1 画像診断法でエックス線を使用しないのはどれか。1,単純撮影2,血管造影3,CT4,MRI問題2 誤っている組み合わせはどれか。1,骨形成不全症-易疲労性2,大理石骨病-全身性骨硬化3,軟骨無形成症-体幹短縮型小人4,モルキオ病-外反膝問題3 続発性骨粗鬆症の原因で誤っているのはどれか。1,上皮小体機能亢進症2,マルファン症候群3,クッシング症候群4,汎発性性腺機能低下症問題4 ペルテス病に...

問題1 骨端症で最も予後がよいのはどれか。1,ペルテス病2,第1ケーラー病3,第2ケーラー病4,キーンベック病問題2 急性腰痛で来院。腰椎椎間板症と診断された。 まず最初に行うことはどれか。1,マッサージ2,椎間板ヘルニアの整復3,腰痛体操の指導4,安静の指示問題3 脊柱管狭窄を起こすのはどれか。a,椎体前縁骨棘b,後縦靭帯骨化c,椎間関節肥厚d,傍脊柱筋骨化1、a,b 2、a,d 3、b,c 4...

問題1 正しいのはどれか。1,関節可動域の測定では基本肢位を90度とする。2,関節可動域は他動運動より自動運動の方が大きい。3,あぐらでは股関節が外旋位にある。4,洗面では肩関節が外旋位にある。問題2 骨粗鬆症について正しいのはどれか。a,椎体の圧迫骨折が生じやすい。b,骨吸収が骨形成に比べて減少している。c,骨量の減少は骨皮質に著しい。d,力学的負荷が骨量維持に重要である。1、a,b 2、a,d...

問題1 骨折を起こしやすいのはどれか。2つ選べ。1,軟骨無形成症2,骨形成不全症3,大理石病4,マルファン症候群問題2 関節可動域を記載する上で誤っているのはどれか。1,基本位を0度とする。2,通常1度刻みで測定する。3,他動運動による測定値を表記する。4,参考可動域が示されている。問題3 ガス壊疽について誤っているのはどれか。1,抗菌薬の投与は有効である。2,高圧酸素療法は無効である。3,起炎菌...

問題1 70歳の女性。3年前から整形外科に通院し右変形性膝関節症で断続的にヒアルロン酸製剤の関節注射を受けている。昨日から右膝に強い疼痛が出現し、歩行困難になった。理学所見では右膝の腫脹、熱感および膝蓋跳動を認めたが、その他の関節に異常はなかった。体温37.5度。可能性の高い疾患はどれか。1,化膿性関節炎2,痛風3,特発性骨壊死4,関節リウマチ問題2 正しい組合せはどれか。1,モートン(Morto...

問題1 正しいのはどれか。2つ選べ。1,マルファン(Marfan)症候群は常染色体劣性遺伝である。2,軟骨無形成症はX脚変形が特徴的である。3,モルキオ(Morquio)病は体幹短縮型の小人である。4,エーラース・ダンロス(Ehlers-Danlos)症候群はコラーゲン合成の異常による。問題2 離断性骨軟骨炎で正しいのはどれか。2つ選べ。1,起炎菌はグラム陽性球菌である。2,病変は軟骨下骨に及ぶ。...

問題1 良肢位について誤っている組合せはどれか。1,手指-テニスボールを握った肢位2,手関節-伸展(背屈)10~20度3,股関節-屈曲45度、外転0~10度、外旋0~10度4,肩関節-外転60~80度、内分廻し30度、外旋20度問題2 ステロイド注射の禁忌はどれか。1,変形性関節症2,化膿性関節炎3,痛風性関節炎4,リウマチ性関節炎問題3 7歳の男児。鉄棒から落ちて来院。エックス線写真で右上腕骨顆...

問題1 軟骨無形成症について正しいのはどれか。2つ選べ。1,骨端の異常である。2,常染色体優性遺伝である。3,体幹短縮型小人症である。4,O脚変形を伴う。問題2 マルファン(Marfan)症候群で誤っているのはどれか。1,高身長2,くも指3,常染色体劣性遺伝4,心奇形問題3 結核性脊椎炎で誤っているのはどれか。1,安静時痛2,脊髄麻痺3,腸骨窩膿瘍4,脊椎不撓症問題4 関節リウマチで正しいのはどれ...

問題1 画像診断法で誤っている組合せはどれか。1,CT-骨破壊の状態把握2,MRI-骨壊死の診断3,関節造影-炎症と悪性腫瘍との鑑別4,超音波検査-ガングリオンの診断問題2 変形性膝関節症の手術療法で誤っているのはどれか。1,関節鏡視下デブリドマン2,同種半月板移植術3,高位脛骨骨切り術4,人工関節置換術問題3 7歳の男児。鉄棒から右手を衝いて落ちた。救急病院を受診し、エックス線検査を行った。単純...

問題1  先天性骨系統疾患で誤っている組合せはどれか。1, 軟骨無形成症-四肢短縮型低身長2,モルキオ(Morquio)病-知能低下3,骨形成不全症-歯牙形成不全4,マルファン(Marfan)症候群-解離性大動脈瘤問題2 成長ホルモン過剰分泌で誤っているのはどれか。1,小児では末端肥大が生じる。2,変形性関節症の原因となる。3,骨粗鬆症の原因となる。4,下垂体腺腫によるものが多い。問題3 脂肪塞栓...

問題1 中心性頸髄損傷で正しいのはどれか。1,過屈曲損傷で生じる。2,下位頸椎の脱臼を伴う。3,運動麻痺は下肢より上肢に著しい。4,会陰部の感覚が障害される。問題2 軟骨無形成症で誤っているのはどれか。1,体幹短縮の低身長を示す。2,常染色体優先遺伝疾患である。3,前額部が突出している。4,腰部脊柱管狭窄症を合併する。問題3 くる病で正しいのはどれか。1,成人に発症する。2,ビタミンCの欠乏による...

問題1 58歳の男性。肩こりが強いため鍼治療を受けていた。いつものように鍼治療を受けて帰宅したが、左胸部痛が出現したため救急外来を受診した。発熱はない。単純エックス線(No.1)を示す。この病態で正しいのはどれか。1,狭心症2,大動脈瘤破裂3,胸膜炎4,気胸問題2 造影剤非使用のMRI撮影で注意を要する患者はどれか。1,腎機能低下2,肝機能低下3,心臓ペースメーカー装着4,中心静脈カテーテル留置問...

問題1 関節軟骨にみられるのはどれか。2つ選べ。1,フォルクマン管2,プロテオグリガン3,毛細血管4,U型コラーゲン問題2 歩行異常と原因との組合せで正しいのはどれか。1,分回し歩行-先天性股関節脱臼2,トレンデレンブルグ歩行-腰部脊柱管狭窄症3,間欠性跛行-変形性股関節症4,はさみ状歩行-両下肢痙性麻痺問題3 成長ホルモン分泌不全でみられるのはどれか。1,四肢短縮2,関節弛緩3,二次性徴遅延4,...